allergology

アレルギー科

生活環境や食物などの影響から、アレルギー疾患を抱える
子どもたちも増加してきています。
しばしば喘息発作を起こしていても治療が継続できない場合
アナフィラキシーを起こす子どもへの対応や園・
学校での受け入れで苦慮している場合
難治のアトピー性皮膚炎で治療が難航している場合など
一般診療では対応しづらかった場合へも積極的に
対応していきます。

食物アレルギー

食物アレルギー

食物アレルギーとは、通常、栄養となるべき食べ物が
免疫反応により体に良くない反応がおこることを指します。
乳幼児の場合「卵」「牛乳」「小麦」が原因になるケースが
多いですが、年齢とともに少なくなり、食べても症状が次第
に出なくなる場合もあります。
治療としては除去食が基本となります。血液検査の結果だけで
除去食の判断はできません。

乳児湿疹

乳児湿疹

生後1~2ヶ月を過ぎると、赤ちゃんの肌は乾燥しやすくなります。特に口の周りではミルクを飲んだり
ウェットティッシュで拭いたりなどするため
刺激が多く肌荒れが悪化し、より乾燥に陥りがちです。
石鹸によるスキンケアと
保湿剤とステロイド剤による軟膏治療が
基本的な治療法となります。

気管支喘息

気管支喘息

気管支喘息の人の気道は
症状がないときでも常に炎症をおこしており
健康な人に比べて気道が狭く空気が通りにくくなっています。
炎症がおこっている気道はとても敏感になっていて
正常な気道ならなんともないホコリやタバコ、ストレスなどの
わずかな刺激でも狭くなり、発作がおきてしまいます。
気管支喘息の治療は、発作を起こさないために
抗アレルギー剤の内服や、吸入ステロイド剤の吸入が
治療の中心となります。

花粉症

花粉症

花粉症とは花粉に対するアレルギー反応によって起こる
症状のことで、主に目や鼻に症状があらわれます。
しかし、アトピー性皮膚炎の皮疹を悪化させたり
喘息の人の呼吸機能を悪化させたり
アレルギー疾患全般に影響があります。
スギ花粉による花粉症が多いのですがその他に
ヒノキ、カモガヤ、ブタクサ、オオアワガエリ、ハンノキなどが
知られています。
保護者の方の診察も行っておりますのでお気軽にご相談ください。

Go Top