名古屋市B型肝炎予防接種の特例措置について

名古屋市では平成27年10月から1歳未満児を対象として、B型肝炎予防接種への費用助成が開始されています。
しかし10月以降、化学及血清療法研究所(化血研)製ワクチンの出荷自粛により、全国的なワクチン不足が生じています。
当院では化血研のビームゲンと、MSDのヘプタバックスの両方を採用していました。
すでに居住地の名古屋市内外を問わず一部の方におきましては、予約と異なるワクチンの接種をお願いした方もございます。
今後も種類変更や、接種そのものの延期をお願いすることもあるかと存じます。
ワクチン供給が潤沢になるまでは、皆様のご協力をお願いいたします。

名古屋市では12月25日付でB型肝炎予防接種の特例措置について発表を行いました。
詳細は名古屋市ホームページをご参照ください。
概要については以下の通りです。

1.実施期間 平成28(2016)年1月1日~平成28年3月31日
   平成28年度以降については、ワクチン供給不足の状況を考慮しての判断となっています。
2.対象者 以下の①から③のすべてを満たす方
   ①B型肝炎ワクチン供給不足により、1歳の誕生日前日までに名古屋市の助成により接種を受けることができなかった方。
   ②生年月日が平成26年10月2日以降である方。
   ③1歳誕生日の前日までに名古屋市に住民登録があり、接種日に引き続き名古屋市に住民登録がある方。
     子ども医療証等の居住地を確認できる資料の発行(交付)年月日が1歳の誕生日より前であることを確認いたします。
3.接種を受けることができる回数
   既に接種した回数と生年月日により、今後の接種可能回数が決まっています。
   下記の表をご参照ください。
   これを超える分は対象者の条件を満たす場合でも、助成の利用ができず全額自費での接種となります。
 
 生年月日 平成27年10月1日以降の接種回数
0回 1回 2回 3回
 ~平成26年10月 1日  0回 0回 0回 0回
平成26年10月 2日~平成26年10月29日 1回 0回 0回 0回
平成26年10月30日~平成27年 2月18日 2回 1回 0回 0回
 平成27年 2月19日~ 3回 2回 1回 0回
Go Top