B型肝炎予防接種の定期接種化について

平成28年10月1日より、B型肝炎予防接種が定期接種となります。
当クリニックのブログにおきましても、この件に関して情報を提供してまいりました。
2月29日のブログで定期接種化の第1報について、
遡って27年12月31日には名古屋市の特例措置について述べてまいりました。

本日愛知県医師会と名古屋市医師会の共催による予防接種の講習会が行われました。
その内容に関して、重要事項については再度、合わせて新規の事項についてもお伝えしていきます。
0歳児のうち、28年4月1日以降に生まれたお子さんが定期接種の対象であることに変わりはありません。
母子感染予防事業の対象者は健康保険での対応となります。
次に間隔についてです。
2回目の接種は1回目から4週以上あけ、3回目は1回目から20週以上あけることとなっています。

名古屋市の経過措置については、29年3月31日までの延長が決まりました。
0歳児のうち定期接種の対象とならない方が制度を利用できます。
自己負担額は2700円と変わりありません。また減免制度に関しては区役所や保健所にお問い合わせください。
 
任意接種(経過措置) 定期接種
平成28年3月31日まで出生の0歳児 平成28年4月1日以降出生の0歳児
自己負担額は2700円(減免制度あり) 自己負担額は無料

ワクチンの供給不足による名古屋市の特例措置については、28年9月末で終了するとのことです。
ですので、接種時点で1歳以上になる方は完全自費ということになります。
Go Top