プレベナー®補助的追加接種のお知らせ

小児用肺炎球菌ワクチンとして用いられているプレベナー®は、平成25(2013)年11月1日から7価ワクチンに代わって13価ワクチンが使用されています。
7価に含まれていない肺炎球菌の血清型(肺炎球菌の種類)による重症の侵襲性感染症が増加したためでした。
約4年前に切り替わってからプレベナー®を接種した方は、全員13価が接種されているはずです。
(非常にまれな誤接種を除きます。)

さて補助的追加接種とは、7価ワクチンの追加までの接種完了者に対して、13価ワクチンを更に1回追加接種することを指します。
この1回の接種をしておくことで7価に含まれていない新たな6つの型に対する免疫もできます。
結果、従来のワクチンよりも予防範囲が拡がることになります。
定期接種として無料で接種可能なのは5歳未満、すなわち4歳までですが、
補助的追加接種として接種可能なのは6歳未満、つまり5歳児までとなります。
但し任意接種ですので、全額自己負担の接種となります。
現在4-5歳のお子様が対象となると思われますが、その対象者もあと1年ほどでいなくなる計算となります。

母子手帳をご確認いただいて、7価のシールしか張っていない6歳未満児はすべて対象となります。
チャンスは残りわずかです。
接種の検討をお願いいたします。
Go Top