アトピー性皮膚炎でお困りの方へーエキシマ光線療法

かゆみをともなった湿疹が繰り返しできたり、良くなったと思ったら悪化したりを繰り返す病気をアトピー性皮膚炎といいます。

原因は未だに完全に明らかになっていない病気の1つです。

 

遺伝的に皮ふの乾燥とバリア機能が低下している場合や、環境要因としてホコリや食べ物、ダニ、他にもシャンプーやリンスによるかぶれ、ストレスなどのさまざまなアレルゲンが影響していると考えられ、乳児期から小児期に発症することが多い症状です。身体のさまざまな部位に慢性的に繰り返しみられるため、最適な治療を行い、悪化しないようにすることが大切です。

アトピー性皮膚炎については、残念ながら、完治する治療法は今のところありません。

しかし、症状を抑え、日常生活に支障がなく、お薬もあまり必要としない状態に保ち、良い状態を維持することがゴールです。

当院では下記の治療を行っています。

 

●治療法

保湿剤によるスキンケア

炎症を起こしている湿疹に対して、外用薬や軟膏を使った薬物療法

内服薬による身体の内側からのケア

エキシマ光線療法によるケア(※)

※エキシマ光線療法とは?

紫外線の免疫抑制作用を利用した治療方法です。炎症をおこしている患部に照射し過剰反応を抑えます。

痛みはまったく無く。照射されている患部がホワッと温かく感じます。

 

なかなか改善されない方や、長年お悩みの方もご相談ください。

予防接種は感染防止のため時間を分けています

当院では、新型コロナウイルスや感染防止のために、外来時間と予防接種の時間帯を分けております。
病気の感染を防ぐだけでなく、順番待ち予約を導入し、できるためお子さんや親御さんに負担をかけない体制にしています。
「小児定期予防接種」から「任意予防接種」まで幅広く行っていますので、まずはお電話でご予約ください。

特にはじめてのお子さんの場合には、わからないことも多いと思いますし、お母さんの不安もあるかと思います。
「うちの子の成長スピードは大丈夫かな?」
「爪切りの頻度はどのくらいかな?」
「耳垢はとっていいの?」
こんなささいなことでも構いませんのでお話くださいね。
予防接種だけでなく、子育てに関してのわからないことお応えします。

※予防接種はワクチン確保のため予約制です。
接種を希望される方は、4日前までに事前にご予約ください。

新型コロナウイルス感染予防のための診療スタイルについて


新型コロナウイルス感染予防として、最近の一般外来での診療スタイルをご紹介します。
特に、はじめてご来院の親御さんは驚かれるかもしれません。
医療用のゴーグルを装着し、フード付長袖・長ズボンの防護服を着ています。
更に上には、袖なしエプロンと、前腕のアームカバー、もちろん手袋も装着。 検体採取の時はゴーグルとマスクの上からフェイスガードもかぶります。

  このようなスタイルですので、診察時には、お聞き苦しいところがあるなど、改善する点があるかと思いますが、 お子さんや親御さん、スタッフの安全を考慮した対応ですので、ご理解賜りますようお願い申し上げます。


安心してご来院いただけるよう、今後も努めて参ります。
Go Top