生活環境や食物などの影響から、アレルギー疾患を抱える
子どもたちも増加してきています。
しばしば喘息発作を起こしていても治療が継続できない場合
アナフィラキシーを起こす子どもへの対応や園・
学校での受け入れで苦慮している場合
難治のアトピー性皮膚炎で治療が難航している場合など
一般診療では対応しづらかった場合へも積極的に
対応していきます。