気管支喘息

気管支喘息の人の気道は
症状がないときでも常に炎症をおこしており
健康な人に比べて気道が狭く空気が通りにくくなっています。
炎症がおこっている気道はとても敏感になっていて
正常な気道ならなんともないホコリやタバコ、ストレスなどの
わずかな刺激でも狭くなり、発作がおきてしまいます。
気管支喘息の治療は、発作を起こさないために
抗アレルギー剤の内服や、吸入ステロイド剤の吸入が
治療の中心となります。