2019 新年会

一時期のインフルエンザ流行のピークを越え始めた2月上旬、新年会がありました
鉄板懐石のゆったりした個室で美味しいお酒とともに黒毛和牛やアワビ・伊勢海老など堪能しました


会の終わりにはちょっと早いバレンタインチョコ(鎧塚さん特製チョコ)を院長にプレゼント。院長はきっとおいしく食べて喜んでくれたと勝手に思っています

会話も弾み、楽しい時間はあっという間にすぎていきました。先生、ありがとうございましたとても楽しかったです。

二次会はカラオケ。ギリギリまで歌って帰りました
今回、残念ながら参加できなかったスタッフの皆さん、次回は一緒に楽しみましょうね

まだまだインフルエンザ等の流行もあります。加えて花粉飛散の時期に突入しました。これからも手洗い・うがい・マスク等で予防につとめましょう

名古屋市予防接種事業に関する伝達講習会

2月16日に名古屋市予防接種事業に関する伝達講習会が開催されました。

この中から今回は新しい事業としての風疹対策について制度の概要を述べたいと思います。
風疹の抗体検査及び風疹第5期の定期予防接種が始まります。
対象者は昭和37年4月2日から54年4月1日の間に生まれた男性で、言い換えると昭和37年度から53年度までに出生した方となります。
開始時期は平成31年4月1日からで、3年間の予定です。
抗体検査を受ける際には、名古屋市?から配布されるクーポン券が必要となります。
このクーポン券がないと、対象年齢であっても定期接種の対象外となります。
また住所地の確認のために運転免許証等の本人確認書類が必須です。
抗体検査の結果、十分な量の風疹の抗体価が不十分だったことが判明した場合のみ、予防接種を受けることができます。
抗体検査も予防接種も何れも自己負担は無料で、またワクチンは麻疹風疹混合のMRワクチンが使用されます。

愛知県衛生研究所によりますと、今年も成人男性を中心に新規発症の報告が続いています。
http://www.pref.aichi.jp/eiseiken/2f/msl/msl_2019.html
先天性風疹症候群を防ぐためにも積極的に抗体検査、予防接種を行ってまいりましょう。

天皇誕生日

皆さん、天皇誕生日はいつかご存知でしょうか。
もちろん12月23日です。
2018年は日曜日だったので翌日月曜日はお休みでしたね。
しかし今上天皇は今年2019年=平成31年4月で退位されます。
ですので今年の12月23日には天皇ではなく上皇としてその日を迎えられます。
さて現在の皇太子は5月1日に新しい天皇となられます。
お誕生日は2月23日のようです。
今年はこれからその日がやって来るのですが、その時は皇太子のままです。
新天皇としての初めての誕生日は来年になります。
まとめると2018年12月23日の次の天皇誕生日は2020年2月23日となって、
2019年は天皇誕生日の無い年となります。
新しい手帳を眺めつつ気づいたことでした。

BCGワクチン接種について

各種メディアでBCGワクチンの添付溶剤に関する報道がなされています。
ワクチンを溶かす生理食塩液に、ヒ素が日本薬局方の規格値を超えて混入されていたという内容です。
例え全量が体内に入ったとしても安全性に問題ないレベルであることが確認されています。
更に実際の接種においては溶液の一部を皮膚に垂らして、それを延ばして、最後に針で押し込むため、体内に入る量は更に微量となります。
過去に当該仕様でのワクチン接種をされた方への健康への影響は特段目立つものはないとされています。
しかし規格を超えているものであることから、今般新しい製品への切り替えが行われました。
BCGワクチン接種の予約を延期された方、これから接種される方、何れも新しいワクチンでの接種が可能です、
名古屋市、北名古屋市、清須市のみならず、愛知県内全域対応可能ですので、ご予約をお待ちしております。

本庶佑先生、がんを免疫力で治す

ノーベル医学生理学賞を受賞された京都大学高等研究院特別教授、本庶佑先生の特別講演を拝聴しました。
  
10月20日~21日まで岡山にて日本小児アレルギー学会学術大会に参加してきました。
その特別講演の演者のお一人として、以前から予定されていたようです。
本庶先生のご講演は大変人気があり、学会の講演には珍しく長蛇の列でした。
ノーベル賞恐るべし。
会場に入りきらないため、サテライト会場となりましたが、お陰でスクリーンに向かっての写真撮影が可能でした。
先生が開発に関与されたPD‐1抗体は既に悪性黒色腫、メラノーマの治療薬として承認されています。
更に世界中で200件近くのPD-1抗体による各種がん種治療への治験が進行中で、有効性が確認されつつあるそうです。
我々臨床医が日々お世話になる薬やワクチン。
基礎研究者に対する感謝の気持ちを抱かせてくれるご講演でした。
Go Top