京都鉄道博物館に行ってきました

正確には日本小児科医会総会フォーラムin京都の次いでに行ってきました。
参加したプログラムの中で特に良かったのは
思春期女性アスリートの無月経と骨粗鬆症のタイトルで行われた教育講演でした。
東大病院の女性診療科では女性アスリート外来を設けており、競技レベルや年齢を問わず受診可能な様です。
最も多い相談内容は無月経で、エネルギー摂取不足が原因としては多いようです。
http://www.h.u-tokyo.ac.jp/patient/depts/a_joseika02/athlete.html
興味のある方は覗いてみてください。
また名古屋市内でも同外来を標榜して所があるようです。

さてフォーラムでは市民公開講座として京都鉄道博物館館長による講演もありました。
どうせならと赴いた次第です。
(京都鉄道博物館館HPより)
子連れでもなかったしいわゆる鉄オタでもでもないため、余り期待していなかったのですが、意外と面白かったですね。
特に私鉄も含む関西の鉄道の歴史がなかなか興味深いものがありました。
またジオラマも圧巻でした。
まだリニア・鉄道館には伺っていないので、こちらも訪ねてみようかと思います。

およそ30年振り

日本小児科学会総会@金沢に参加してきました。
義務で出席する講演はやたらと疲れます。
やはり興味のある分野の方が集中できます。


さて学会も閉幕しまだ暗くなるまで時間があります。
そうだ兼六園行こう。
高校の修学旅行以来となります。
当時は決められたコースにあっただけで、自分で選んだ訳ではありません。
歳を重ねて来ると、こういうのがいいと思えてくるから不思議です。
もし名大ではなく、金大に行っていたとしたら、ここから見える卯辰山の辺りにでも住んでいたのかなと、
変な感傷に浸っていました。


後楽園は去年?行きました。
残る偕楽園に行けば目でたくコンプリートとなるのですが、
なかなか水戸を訪れる機会はなさそうだな。
ブラタモリで予習はしてあるんですけどね。

北名古屋市予防接種説明会

3月20日健康ドームでの予防接種説明会に参加してきました。
当院は平成31年度も名古屋市、北名古屋市及び清須市の小児定期予防接種指定医療機関となります。
主な変更点や注意点について触れたいと思います

(1) 日本脳炎について
   2期(小学校高学年)の予診票は4月中に個別郵送の予定とのことです。
   学校配布だと保護者に渡さない場合があるのかも知れませんね。
   また特例措置は継続しています。
   平成19年4月2日から21年10月1日生まれの方は、9から12歳の間に、1期3回の不足分を定期接種として接種できます。
   また平成7年4月2日から19年4月1日生まれの方は、19歳まで、全4回の接種の不足分を接種できます。

(2) 2種混合(DT)について
  予診票は4月中に小学6年生にこれまた個別郵だそうです。

1(北名古屋市HP)
 
(3) ロタウイルスワクチンについて
  ロタリックス、ロタテックとも1回あたりの自己負担額が200円ずつの増額となります。
  ご了承ください。


(4) BCG集団接種について
 北名古屋市では平成31年度から集団接種が廃止となります。すべて各医療機関での個別接種となります。
当院では現状月1回火曜日に行っています。

2019 新年会

一時期のインフルエンザ流行のピークを越え始めた2月上旬、新年会がありました
鉄板懐石のゆったりした個室で美味しいお酒とともに黒毛和牛やアワビ・伊勢海老など堪能しました


会の終わりにはちょっと早いバレンタインチョコ(鎧塚さん特製チョコ)を院長にプレゼント。院長はきっとおいしく食べて喜んでくれたと勝手に思っています

会話も弾み、楽しい時間はあっという間にすぎていきました。先生、ありがとうございましたとても楽しかったです。

二次会はカラオケ。ギリギリまで歌って帰りました
今回、残念ながら参加できなかったスタッフの皆さん、次回は一緒に楽しみましょうね

まだまだインフルエンザ等の流行もあります。加えて花粉飛散の時期に突入しました。これからも手洗い・うがい・マスク等で予防につとめましょう

名古屋市予防接種事業に関する伝達講習会

2月16日に名古屋市予防接種事業に関する伝達講習会が開催されました。

この中から今回は新しい事業としての風疹対策について制度の概要を述べたいと思います。
風疹の抗体検査及び風疹第5期の定期予防接種が始まります。
対象者は昭和37年4月2日から54年4月1日の間に生まれた男性で、言い換えると昭和37年度から53年度までに出生した方となります。
開始時期は平成31年4月1日からで、3年間の予定です。
抗体検査を受ける際には、名古屋市?から配布されるクーポン券が必要となります。
このクーポン券がないと、対象年齢であっても定期接種の対象外となります。
また住所地の確認のために運転免許証等の本人確認書類が必須です。
抗体検査の結果、十分な量の風疹の抗体価が不十分だったことが判明した場合のみ、予防接種を受けることができます。
抗体検査も予防接種も何れも自己負担は無料で、またワクチンは麻疹風疹混合のMRワクチンが使用されます。

愛知県衛生研究所によりますと、今年も成人男性を中心に新規発症の報告が続いています。
http://www.pref.aichi.jp/eiseiken/2f/msl/msl_2019.html
先天性風疹症候群を防ぐためにも積極的に抗体検査、予防接種を行ってまいりましょう。
Go Top