名古屋市予防接種事業に関する伝達講習会

2月4日に名古屋市予防接種事業に関する伝達講習会が開催されました。
「愛知県広域予防接種事業について」
「最近のワクチンの話題。接種ミス予防Tips」
「名古屋市の予防接種事業」
以上3つの講演がありました。
来年度明らかに変わる点としては水痘に関しての一点のみです。
名古屋市では定期予防接種のワクチンに関しては原則市による一括調達となっています。
任意のワクチンは医療機関調達です。
水痘は2014年に定期接種化されてからも、調達に関しては任意扱いでした。
2017年度からは他の定期ワクチン同様の扱いとなります。
当院に納入されるまでの話ですので、接種を受ける患児にはあまり影響しない話ですが、供給の安定感は増すのではないかと思います。
一方2016年10月から定期となったB型肝炎ワクチンですが、こちらは新年度も医療機関調達のままです。
一括調達による安定供給が困難と見込まれるためのようです。
当院ではB型肝炎ワクチンは現状2種類とも在庫が残っています。
ワクチン不足でお困りの方はご相談ください。
Go Top