アレルギーとは

<アレルギーとは>
私たちの体には、外部から入ってきた異物を排除する「免疫」という機能が備わっています。
免疫は細菌やウイルスから体を守ってくれている大切な仕組みですが、ときとして過剰に働いてしまうことで
害のないもの(食べ物、ホコリ、花粉等)にまで反応してしまうことがあります。それによってかえって体に害を起こしてしまうのがアレルギーです。
アレルギーは体に入ってきた異物に対して「IgE抗体」というタンパクが作らえることから始まります。
このIgE抗体が異物に対して、かゆみや鼻水などの症状を引き起こす原因物質(例:ヒスタミン)を作り出します。
アレルギーを起こしやすい体質は、ある程度遺伝する傾向があるため、ご家族にアレルギーの方がいるとお子さんにも起きる可能性が少し高くなります。

<原因は?>
アレルギーを引き起こす物質を「アレルゲン」といいます。
アレルゲンは生活のいたるのところに存在しています。例えば食べ物でアレルギーを引き起こすのが「食物アレルゲン」です。
鶏卵・乳製品・小麦などが代表的な例ですが、魚・ピーナッツ・いくら・果物などのアレルギーも増えてきています。

<治療法は?>
症状を和らげるために、抗ヒスタミン薬やステロイド軟膏を使います。予防のために普段から飲み薬などを使うことも大切な治療です。
しかし、薬だけでは根本的な治療になりませんので原因や悪化因子を突き止め生活の中で除去していくことがより大切です。
原因アレルゲンとの接触が続くと、症状が慢性化して治療が難しなっていきます。早急に原因アレルゲンを見つけましょう。

<アレルゲン(原因)を探す方法は?>
・血液検査
もっとも一般的で多くの病院が行っています。まずは血液検査をしてIgE抗体量を調べましょう。
少量の採血で数種類のアレルゲンを調べることができるため、体への不安も少ない検査法の一つです。

・食物除去試験
アトピー性皮膚炎の原因として食物アレルギーが疑わる場合に行う試験です。
疑わしい食物を食べず数週間過ごし、湿疹の改善を観察します。母乳栄養の場合、お母さんの食事から除去します。
改善がみられれば、その食物が原因である可能性が高いです。

・食物負荷試験
疑わしい食物を実際に食べて、アレルギー症状がでるかどうかを観察します。アレルギーの有無、症状を起こす摂取量、症状の強さも確認できるため、
具体的な食物除去の方針を決定することができます。強い症状に備え、専門医のもとで実施されます。


Go Top