事務員のIさんが退職されました。。。

先日、事務員として窓口でキラキラの笑顔をお届けしていた I さんが転居に伴い退職されました。

豊山の三澤で送別会を開いたのですが、歓迎会とはちがい、美味しい料理も寂しさを助長させますね

IMG_1126 IMG_1127 IMG_1128 IMG_1129
IMG_1131 IMG_1132 IMG_1151
…の割にはみなさんイイ笑顔

1年4か月間でしたが、開院当初より患者さんのママとして見えていたので、ずっと昔からのメンバーのように感じていました

新天地でも、変わらぬ笑顔を期待しています

 

東海三県の小児科で初✨

梅雨のジメジメsurpriseと夏日smileyで体調を崩しやすい
この季節
みなさんいかがお過ごしですか
今日は当院に新たに導入されたシステムの
ご案内です
デジタルサイネージを利用した
「院内情報サービス」です

IMG_2027 IMG_8361
なんじゃそれって感じですよね
要はモニターにいろんな情報を流すテレビなんです
ほかのクリニックではおなじみかとは思いますが、
東海三県の小児科では当院が初導入なんですって
受付前と中待合いに設置しています
ママ達が知りたいことや、へぇ~っていう情報を
提供していきますのでぜひぜひご覧ください
また、こういう情報も知りたい
流したらいいんじゃないってことがありましたら、
気軽にスタッフに声をかけて下さいね

化血研製ワクチンの供給について

本年4月に発生した熊本地震により被災された熊本県や大分県の皆様に心よりお見舞い申し上げます。皆様の安全と被災地の一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます。
さて地震発生から早2か月経過しましたが、未だに余震の止む気配が見られません。
そんな中ワクチン・血液製剤等の供給を行っている一般財団法人化学及血清療法研究所(以下「化血研」という)から「平成28年度熊本地震」に伴う化血研製品の供給について」が発表されました。
またそれを踏まえて厚生労働省から、現在把握している情報に基づいて、ワクチン・血液製剤等の全体の供給についての見込みが発表されました。
まとめると
1.B型肝炎ワクチンについて
B型肝炎ワクチンは国内において化血研とMSDから供給されており、現時点では、平成28年10月に定期接種化された場合でも、MSDの増産等により、必要なワクチンの供給が確保できる見込みです。
2.インフルエンザHAワクチンについて
インフルエンザHAワクチン(いわゆる季節性インフルエンザワクチン)は国内において化血研を含め四社から供給されており、現時点では、昨シーズンの必要量を上回る供給量を今シーズンに確保できる見込みです。
3.その他のワクチン・血液製剤等について:4種混合ワクチンや日本脳炎ワクチン等
化血研が製造するその他のワクチン・血液製剤等については、現時点では、不足しない見込みです。

ワクチンの供給、特に定期接種化を控えたB型肝炎については心配されていたところですが、これで一定の目途がったのではないかと考えられます。
定期接種の詳細に関しては、今後別のブログにアップしていきます。

日本脳炎ワクチン特例接種について

日本脳炎は、日本脳炎ウイルスを保有する蚊にさされることで感染します。
日本脳炎ワクチンの普及と生活環境の改善により、日本脳炎患者発生は最近少なくなっています。
しかし毎年各都道府県で実施されているブタの抗体保有状況をみると日本脳炎ウイルスは西日本を中心に広い地域で確認されています。
またそれに合わせるように九州地方では多くの患者報告がみられています。本州でも少ないながら愛知県はもとより関東地方まで患者が発生しています。

日本脳炎の予防接種後に重い病気になった事例があったことをきっかけに、平成17年度から21年度まで、日本脳炎の予防接種の案内が行われていませんでした(いわゆる「積極的勧奨の差し控え」)。

その後新たなワクチンが開発され、積極的な勧奨の差し控えなどの事情により接種が未完了の場合でも、現在は日本脳炎の予防接種を予防接種法に基づいて通常通り受けられるようになっています。
平成7年4月2日から19 年4月1日までに生まれた方(平成7~18年度)      ⇒ 20 歳の誕生の前日までに4回の接種のうち不足分を定期接種として実施することができます。
平成19 年4月2日から21 年10 月1日に生まれた方(平成19~21年度の前半) ⇒ 9から12歳の間に1期3回分の不足分を定期接種として接種することができます。
                                                     こちらの場合は7歳半から8歳の1年半は接種対象年齢ではないことに注意が必要です。


参考までに通常の接種スケジュールも示しておきます。
1期初回接種として3歳時に、6日から28日までの間隔をあけて2回、初回免疫の2回接種終了後6か月以上、標準的にはおおむね1年あけて1期追加として(3から)4歳時に1回となっています。
ただし、定期接種の1期としての3回の接種に関しては、接種可能な時期は生後6~90か月(7歳6か月)となっており、希望すれば標準的な時期を外れていてもいつでも接種可能です。
また標準的な2期接種の時期は9歳以上13歳未満の間に、1回の接種となっています。

1期初回

1期初回追加

2期

標準的な接種
スケジュール

接種開始年齢:3歳

接種回数:2回

接種間隔:6日以上

接種量 :0.5mL

接種年齢:(3~)4歳

接種回数:1回

接種間隔:初回免疫終了後
6か月以上、おおむね1年

接種量:0.5mL

接種年齢:

9歳以上13歳未満

接種回数:1回

接種量:0.5mL

 

歓迎会 in MAMA

この春より入職の看護師の歓迎会を恒例のMAMAで行いました
当クリニックより徒歩1分の距離にある、創作和食のお店です
IMG_0961IMG_0962
楽しい仲間との美味しい食事は心が豊かになりますね
IMG_0963IMG_0965
みなさんも日々の食事を大切な家族と楽しく頂いて、麗らかな春を楽しんでください
Go Top