肺炎マイコプラズマ(Mycoplasma pneumoniae)とは細菌の一つで、感染するとかぜ症状、気管支炎、マイコプラズマ肺炎などを起こします。好発年齢は6−12歳ですが、乳幼児や成人にも感染することがあります。普通の細菌とは構造が異なるため、効果のあるお薬(抗生物質)は一部に限られていますのが特徴です。
最近では大流行こそないものの、患者数は少なくありません。一年を通して発生しますが、秋から冬にかけて増える傾向がある病気です。
学校や家庭などで主に咳のしぶきを吸い込んだり(飛沫感染)、患者と身近で接触することで感染するといわれています。
肺炎マイコプラズマ感染症は、見逃されて長引くと場合によっては入院が必要になることもある、厄介な病気のひとつです。

●症状は?
感染後2〜3週間くらいの長い潜伏期間を経て、はじめは発熱や全身倦怠、頭痛などかぜの症状を訴えます。3〜5日後から乾いた咳が出始め、徐々に強くなり、解熱後も3〜4週間続くことがあります。
肺炎マイコプラズマに感染しても気管支炎ですむことが多く、軽い症状が続きますが、一部の人は肺炎となり(感染者の3〜5%程度)、重症化することもあります。
一般的には、小児の方が軽くすむといわれています。

肺炎マイコプラズマ(Mycoplasma pneumoniae)とは細菌の一つで、感染するとかぜ症状、気管支炎、マイコプラズマ肺炎などを起こします。好発年齢は6−12歳ですが、乳幼児や成人にも感染することがあります。普通の細菌とは構造が異なるため、効果のあるお薬(抗生物質)は一部に限られていますのが特徴です。
最近では大流行こそないものの、患者数は少なくありません。一年を通して発生しますが、秋から冬にかけて増える傾向がある病気です。
学校や家庭などで主に咳のしぶきを吸い込んだり(飛沫感染)、患者と身近で接触することで感染するといわれています。
肺炎マイコプラズマ感染症は、見逃されて長引くと場合によっては入院が必要になることもある、厄介な病気のひとつです。

症状は?
感染後2〜3週間くらいの長い潜伏期間を経て、はじめは発熱や全身倦怠、頭痛などかぜの症状を訴えます。3〜5日後から乾いた咳が出始め、徐々に強くなり、解熱後も3〜4週間続くことがあります。
肺炎マイコプラズマに感染しても気管支炎ですむことが多く、軽い症状が続きますが、一部の人は肺炎となり(感染者の3〜5%程度)、重症化することもあります。
一般的には、小児の方が軽くすむといわれています。

●診断法は?
患者の年齢や病気の経過・症状、レントゲン所見などから総合的に医師が判断します。
主な検査方法としては、のどから採取した検体(咽頭ぬぐい液や痰)から病原そのものを直接検出する方法が確実とされていますが、とても時間がかかります。また、血液中の成分(抗体)を検査する方法もありますが、採血が必要であり、またそれだけで診断することが難しいことも多いようです。
最近では、のどの検体を使って肺炎マイコプラズマの遺伝子を検出する方法や、より簡便な迅速診断キットが使われるようになってきました。しかし、実際に肺炎マイコプラズマに感染していても、のどには菌体がほとど存在しないこともあるため医師の判断が重要となります。

患者の年齢や病気の経過・症状、レントゲン所見などから総合的に医師が判断します。
主な検査方法としては、のどから採取した検体(咽頭ぬぐい液や痰)から病原そのものを直接検出する方法が確実とされていますが、とても時間がかかります。また、血液中の成分(抗体)を検査する方法もありますが、採血が必要であり、またそれだけで診断することが難しいことも多いようです。
最近では、のどの検体を使って肺炎マイコプラズマの遺伝子を検出する方法や、より簡便な迅速診断キットが使われるようになってきました。しかし、実際に肺炎マイコプラズマに感染していても、のどには菌体がほとど存在しないこともあるため医師の判断が重要となります。