qanda

よくあるご質問

Q.夜間や休日などに急に高熱が出た場合、すぐに医療機関を受診しなければいけませんか?

A. 熱があるだけで、すぐに慌てる必要はありません。
顔色が悪く元気がない、ぐったりしている、機嫌が悪く食欲がない、眠れない、尿の出が悪いなど、いつもと様子が違っていたり、症状が強い場合や小さなお子様の場合哺乳力が弱い時、三か月未満の赤ちゃんなどは、早めの受診が必要です。
全身状態が良く、解熱剤を使って元気になる場合は、様子をみても問題ないと思います。
時間外に医療機関を受診する必要があるかどうかは、以下のサイトも参考になさってください。
ONLINE QQ こどもの救急 … http://kodomo-qq.jp/

Q. 熱がある場合、抗生物質は要らないのでしょうか?

A. 当院では身体所見や検査所見から必要と判断した場合にのみ、抗生物質を処方するようにしています。
お子様の発熱の原因の多くは、ウイルス感染症です。その場合は抗生剤を内服する必要はありません。
ウイルスに対しては、抗生物質は無効であるだけでなく、時には重大な副作用を起こしたり、抗生物質が効きにくい耐性菌を増やす原因にもなります。
また、腸内細菌のバランスが乱れると言われていますので、特に2歳までのお子様にはなるべく服用させないことが推奨されています。
当院では、全身をしっかり診察し、必要な場合は迅速検査や血液検査等を行い、不必要な抗生物質の使用を避けています。
抗生物質に限らず、お薬について疑問がある時は遠慮なくお尋ね下さい。

Q.風邪を引いている時の入浴はしても良いのでしょうか?

A. 熱がなかったり微熱で元気があれば、入浴は問題ありません。
入浴を控えた方がよい時は、高熱があるとき、あまり熱がないのに元気がなく、食欲もないようなときです。その場合は、身体を拭いてあげるといいです。
季節にもよりますが、基本的にはお風呂は身体の汚れを取るものと考えてください。

Q.解熱剤を使ったのに熱があまり下がらなく心配です

A. 解熱剤を使っても、服用のタイミングなどによってはあまり効かないこともあります。
そのような場合は、首・脇・股・背中など、太い血管の走っているところを保冷剤や冷たいタオルなどで冷やすと効果的です。ただし、熱は身体がウイルスなどと戦っているので、むやみに下げることも逆効果になります。
高熱のために眠れていなかったり、ひどく不機嫌で水分も十分とれない場合には少し下げてあげた方がいいと思います。逆に、熱があっても比較的元気で水分も十分に摂れていれば、無理に熱を下げる必要はありません。
 

Q.いつまで薬を飲めばいいのでしょうか?

A. 服用期間は処方された薬によって異なります。
抗生物質や抗ウイルス薬などは、特に医師の指示がなければ出された分を全部飲み切る必要があります。また、慢性疾患で処方された場合は症状がなくても長期に飲んでいただく必要がありますので、勝手に服用をやめてしまったりしないようにしてください。
一方、かぜ薬などはいわゆる対症療法ですので、症状が軽くなればやめていただいて問題ありません。判断に迷うときや薬について疑問がある時は遠慮なくお尋ね下さい。

Q.子どもの喘息やアトピーは治りますか?

A. 喘息やアトピーなどの、アレルギー性疾患は病状にあわせた長期のコントロールが大事になります。
治療薬や治療法が進歩してきており、それぞれの患者様にあった治療を続けることで、大部分の疾患は良好にコントロールできるようになっています。
心配な場合はご相談ください。
 

Q.子どもが肥満ではないか心配です

A. 小児期に早く手助けしてあげることで、肥満の進行を抑えることができます。
肥満の原因としては、食生活が関係しています。
昨今、生活習慣病の発症が低年齢化しています。小児期は発育し、身長が伸びていく時期です。
早い時期に適切に介入してあげることで、一生の問題となる肥満の進行を抑えることができます。
食生活だけが原因でない場合もありますので、お気軽にご相談ください。

Q風邪は早く薬を飲めば早く治るのでしょうか?

A. 最近、小児科のグループが検証した研究によると、いわゆる咳止めには明らかな効果がみられないという結果が出ています。
また、鼻水を止める薬にしても科学的根拠はなく、この場合も薬を飲ませても症状はあまり変わらないでしょう。人間は自然治癒力があります。風邪は基本的には自然経過で治っていきます。
ただ、鼻汁が気になる場合は吸引してあげるといいと思います。
呼吸が速く息づかいが荒かったり、顔を赤らませて咳き込んだり、コンコンという犬が吠えるような咳などの場合には、早めの受診をおすすめします。
心配な場合はご相談ください。

Q.食物アレルギーが疑われる場合、アレルギー検査を受けた方がいいですか?

A. 症状によりますので、まずはご相談ください。
食物アレルギーを発症した場合でも、強い症状でなければ必ずしも血液検査等は行いません。少量ずつ摂取を続けていただいたり、湿疹の強いお子様には食物アレルギーを予防する指導を行います。お子さんの食物アレルギーがご心配な方は、ご相談ください。

食物アレルギーの症状は、発赤や軽いじんま疹程度からアナフィラキシーと呼ばれる重症なものまでさまざまです。
過去には血液検査などで陽性であった場合、しばらくその食品の摂取をやめるよう指導されてきましたが、最近では除去することにより食物アレルギーが長引いたり、場合によっては悪化することがわかってきました。食べることによって発症するのではなく、皮膚から感作されて発症すると考えられてきています。
一方で、腸には食物アレルギーを起こさない方向に働く“免疫寛容”という機能が生後4ヶ月くらいから発現し、1歳を過ぎるとだんだん減弱していくとされています。離乳食の開始が遅れたり、特定の食品の除去を続けると免疫寛容が働かず、食物アレルギーのリスクが高まると考えられています。
 

Q.予約制ということですが、予約なしで行った場合は診療してもらえないのでしょうか?

A. 予約なしでも受診可能です。
予約なしでも診察させていただきますが、予約の方が優先となることをご了承ください。
当院ではインターネットによる診療予約が可能です。ご利用ください。
https://kashinoki.mdja.jp/

なお、予約を取られた方でも順番に遅れて来院された場合、番号が取り直しになることがありますので、随時ネットで診察状況をご確認の上、予約に遅れないようご来院ください。
 

Go Top