アトピー性皮膚炎のエキシマ光線療法とは?

「エキシマ光線療法」をご存じでしょうか?
これまで治りにくいとされていた「アトピー性皮膚炎」や「尋常性乾癬(じんじょうせいかんせん)」、「白斑」、「掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)」などの皮膚の病気に対する治療法の一種です。

紫外線の免疫抑制作用を利用して、過剰反応を起こしている皮ふの症状を落ち着かせる「光線療法」と呼ばれる治療方法で、エキシマ光線療法とは、これまでの光線療法よりさらに効果が高いと言われている、短い波長の紫外線を当てて処置する新しい光線療法で、これまで治療が難しかった肘や膝といった部位にも使用が可能です。

当院では、アトピー性皮膚炎の患者さまにのみ実施しています。

特徴としては、一回の照射時間が数十秒と短い時間ですむこと。痛みはまったくなく、ほんわかと温かい感じがします。
器械の照射面積が小さく全身に使う方には対応できませんが、多くの場合使うことができると考えています。

ただし、当日・翌日は、日焼けが強くなることがあるので、 強い日光に当たることは避けましょう。
またリスクになりやすい成分は、世界初のフィルター技術でカットしています。

具体的な治療方法としては、エキシマ光線を照射した後に保湿剤などの外用薬を塗布していただきます。
基本的には、週に1~2回程度の定期的な通院が望ましいです。なお、治療は保険適用で受けられます。
アトピー性皮膚炎はかゆみを繰り返す、つらい病気です。治療にお困りの方は、一度当院にご相談ください。
Go Top