花粉症で鼻水や喉の痛み、目のかゆみなどの花粉症に苦しむ方も多い季節が近づいてきました。
ご家族みなさまが花粉症というご家庭も少なくないと思います。お子さまと一緒にご家族さまの受診もできます。もちろん、お子さまのみ・ご家族さまのみでの受診も可能です。

当院の花粉症治療について、ご紹介いたします。

最新治療の舌下免疫療法ができます
舌下免疫療法とはアレルギーの原因物質(アレルゲン)の含まれる薬液を口内に取り込み、アレルゲンに慣らしていく治療法です。スギ花粉症とダニアレルギーの舌下免疫療法が可能です。

舌下免疫療法対象年齢
舌下免疫療法は5歳からの治療が可能です。近年、花粉症発症年齢が低下しています。
基本的に舌下免疫療法に使用する薬液に薬害はないのですが、舌の下に薬を置いた状態で1分ほど保持する必要があるため、5歳からを対象としています。

従来の飲み薬との違い
舌下免疫療法の目的は、花粉飛散による症状を予防することです。それに対して既存の飲み薬は、花粉によって引き起こされる、くしゃみ・鼻水・鼻詰まりの症状を改善させるためのものです。ただし、舌下免疫療法で花粉症が「根治」するわけではありません。事前の予防によって服用する薬が減る、症状が軽くなることが最大の目標であるとご理解ください。

具体的な治療法
舌の下に2分間ほど薬液を置くことで、舌の下から入ったアレルゲンがリンパ節から全身に広がり、体内に取り込みます。2週間かけて徐々に増量していき、体を慣らしていきます。その後は一定量を長期間(3年以上を推奨)服用します。長期に渡る治療によって症状を抑える効果が期待できます。完全に症状が抑えられない場合でも症状を緩和し、アレルギー治療のための薬を減らすことができます。

治療する時期
花粉症にかかる時期に合わせて、治療をする最適な時期があります。例えば、スギ花粉症の場合、スギ花粉が飛散している時期に、舌下免疫療法を行ってしまうとアレルゲンの摂取量が必然的に増加してしまいます。それを避けるためにスギ花粉が飛散している時期は避けて治療を行います。
花粉症の原因である花粉によって治療時期は異なりますので、まずは医療機関でアレルギー検査を受けましょう。

電話診療を行っています
花粉症治療の薬処方に関して、電話診療が可能です。ご来院が難しい方もご相談ください。

アレルギーについて>>