子どもの熱がなかなか下がらない、熱が引いても咳がずっと続いている。熱が上がったり下がったりする症状から「風邪が長引いているのでは?」と思われがちですが、実はマイコプラズマ肺炎かもしれません。マイコプラズマ肺炎はひどい咳がしつこく続くのが特徴です。
感染力が強く、発病前から発病後2 週間程度は感染力があると言われます。感染経路は飛沫感染と接触感染です。

●子どもがかかりやすいの?
幼児や学童、若い成人を中心に流行します。5歳未満では不顕性感染といって感染したことが分からないまま治ったり、風邪程度の軽い症状で治ることも多いです。60歳以上の成人も感染例はありますが、全体としては若年者中心の感染症です。

●マイコプラズマ肺炎の症状
2〜3週間程の長い潜伏期間を経て、感染初期は、咳や鼻水、喉の痛み、発熱や全身倦怠、頭痛などかぜの症状を訴えます。
熱が出た数日後に、「こんこんこん」と痰の絡まない乾いた咳が出てきます。その後、痰が絡み始めます。ひどくなるとゼーゼーという息をする場合もあります。一般的には、小児の方が軽くすむといわれていますが一部の人は肺炎となり(感染者の3〜5%程度)、重症化することもあります。

●診断法は?
患者の年齢や病気の経過・症状、レントゲン所見などから総合的に医師が判断します。
主な検査方法としては、のどから採取した検体(咽頭ぬぐい液や痰)から病原そのものを直接検出する方法が確実とされていますが、とても時間がかかります。また、血液中の成分(抗体)を検査する方法もありますが、採血が必要であり、またそれだけで診断することが難しいことも多いようです。
最近では、のどの検体を使って肺炎マイコプラズマの遺伝子を検出する方法や、より簡便な迅速診断キットが使われるようになってきました。しかし、実際に肺炎マイコプラズマに感染していても、のどには菌体がほとど存在しないこともあるため医師の判断が重要となります。
患者の年齢や病気の経過・症状、レントゲン所見などから総合的に医師が判断します。
主な検査方法としては、のどから採取した検体(咽頭ぬぐい液や痰)から病原そのものを直接検出する方法が確実とされていますが、とても時間がかかります。また、血液中の成分(抗体)を検査する方法もありますが、採血が必要であり、またそれだけで診断することが難しいことも多いようです。
最近では、のどの検体を使って肺炎マイコプラズマの遺伝子を検出する方法や、より簡便な迅速診断キットが使われるようになってきました。しかし、実際に肺炎マイコプラズマに感染していても、のどには菌体がほとど存在しないこともあるため医師の判断が重要となります。

 

●治療
主にマクロライド系という種類の抗生物質を服用します。喘息発作の合併(ぜいぜいするなど)があれば気管支拡張薬などを使用します。
マイコプラズマ感染症は、自然に治癒することもあります。しかし、体力のない小さな子どもは、咳が続くと体力を奪われます。また、肺炎を発症する場合もあります。小さな子どもの場合、苦しそうな症状に気がついたら、早急に病院を受診しましょう。

 

●予防
肺炎マイコプラズマ感染症もRSウイルスと同じく、特別な予防法はありません。感染経路はインフルエンザ等と同じですので、普段から手洗いうがいを励行し、また十分な睡眠と栄養を摂ることが重要です。特に流行している時期にはマスクをすることも効果的なので、外出時にもつけるようにしましょう。家族に患者がいる場合は、可能な限り、濃厚な接触は避けたほうが良いでしょう。