新型コロナウイルス感染予防のための診療スタイルについて


新型コロナウイルス感染予防として、最近の一般外来での診療スタイルをご紹介します。
特に、はじめてご来院の親御さんは驚かれるかもしれません。
医療用のゴーグルを装着し、フード付長袖・長ズボンの防護服を着ています。
更に上には、袖なしエプロンと、前腕のアームカバー、もちろん手袋も装着。 検体採取の時はゴーグルとマスクの上からフェイスガードもかぶります。

  このようなスタイルですので、診察時には、お聞き苦しいところがあるなど、改善する点があるかと思いますが、 お子さんや親御さん、スタッフの安全を考慮した対応ですので、ご理解賜りますようお願い申し上げます。


安心してご来院いただけるよう、今後も努めて参ります。
Go Top