弱視の検査・治療について

お子様がテレビやものを見ているときの状態を観察して、気になることがある方はご相談下さい。

テレビの画面を見えづらそうにしていたり、ものを見るときに顔を傾けたり、一人で階段を上るときに手をついたり…こういった症状は弱視のサインかもしれません。
年齢によって異なりますが、スクリーニング検査等を用いながら、総合的な診断を行います。

治療方法は、弱視の種類や発生した時期によって異なりますが、基本的には眼鏡をかけて治療を行なっていきます。
子供は大人に比べて鼻が低いため眼鏡が適切な位置からズレてしまうことがあります。そのため、その子にあった眼鏡をかけ、必要の応じて調整していくことが大切です。

ただ、お子さんによっては眼鏡をかけたがらないことがあり、それを無理強いするとストレスになってしまうこともあるので、ご家族の協力のもとで眼鏡をかけやすい環境を作ってあげることが必要です。

また、成長とともに屈折度数も変化しますので、定期的にチェックをして適切な眼鏡に変更してあげてください。

お子様の視力の発達時期を考えると、8歳ごろまでには治療を始めることが望ましいと考えられています。

弱視は早期発見・早期治療が可能な病気です。
お子さんの悩みといっしょに向き合っていきましょう。

弱視の主な症状と原因について

テレビを近くで見ている、ものを見るときに顔をしかめる…片方の目だけで見ているような気がする。
「もしかして、うちの子、見えていないのかも?」

それは、「弱視」の症状かもしれません。
弱視は早い段階で発見して治療すれば、有効であることがほとんどです。
弱視の定義として医学的には「視力の発達が障害されておきた低視力」、つまり眼鏡をかけても視力が十分でない場合を弱視としています。
見る力は「ことば」と同じく、成長にあわせて獲得する能力です。
0歳ではほとんど見えておらず、3歳ごろに大人と同じくらいの視力になるとされています。
この視力の成長期に、何らかの原因で正常な視力の成長が止まってしまい、眼鏡をかけてもよく見えない状態を「弱視」と呼びます。

弱視には、次のような4つの原因があります。
(1)きちんとピントが合わない
両目に強い遠視や乱視があると、網膜にきちんとピントが合いません。
このような状態で過ごしていると、視力が発達しません。

(2)網膜に光を通しにくい
・まぶたがさがっている ・黒目の部分が濁っている ・白内障 といった病気があり、網膜に刺激が十分に入らないと視力が発達しません。
原因を取り除くための手術が必要なこともあります。

(3)右眼と左眼の屈折度数に大きな差がある
遠視・近視・乱視に左右の差が強くきちんとピントが合わないために、一方の目が使われない状態が続くと視力が発達しません。

(4)片方の目の位置がずれている
ものを見ようとするときに片目は正面を向いていても、もう一方の目が違う方向を向いてしまっている状態のことを“斜視”といいます。
片方の視線がずれている場合、その目が使われず、視力も発達しません。

5歳以上のおねしょ

小児科でご相談が多い内容の一つに「おねしょ」のご相談があります。「おねしょ」と「夜尿症」の違いはな何か?というと、1つの基準として5歳未満か過ぎているか?で判断いただけたらと思います。

5歳以降で月1回以上のおねしょが、3ヶ月以上続く場合を「夜尿症」とし、治療が必要な場合があります。

 

治療法以外にも便秘についても確認します。腸内に大量の便があると膀胱を圧迫するため、夜尿症に影響を与える可能性も考えられます。うべんの回数が少ない(週2回以下)、うんちが硬くてなかなか出ない場合や、排便後もまだうんちが残っている感じがする場合は、便秘かもしれません。

 

5歳になると、うんちについて会話ができるようになりますので、『今日はうんちしっかり出た?』『うんちが残っている感じはしない?』など会話を通して便秘であるか、どうか確認していくようにしましょう。

 

また、大腸を刺激するために、朝起きたらコップ1杯の水を飲むことや、食物繊維が豊富な野菜や果物・豆類などをバランスよく摂る食生活の見直しも大切です。

 

 

 

アトピー性皮膚炎のエキシマ光線療法とは?

「エキシマ光線療法」をご存じでしょうか?
これまで治りにくいとされていた「アトピー性皮膚炎」や「尋常性乾癬(じんじょうせいかんせん)」、「白斑」、「掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)」などの皮膚の病気に対する治療法の一種です。

紫外線の免疫抑制作用を利用して、過剰反応を起こしている皮ふの症状を落ち着かせる「光線療法」と呼ばれる治療方法で、エキシマ光線療法とは、これまでの光線療法よりさらに効果が高いと言われている、短い波長の紫外線を当てて処置する新しい光線療法で、これまで治療が難しかった肘や膝といった部位にも使用が可能です。

当院では、アトピー性皮膚炎の患者さまにのみ実施しています。

特徴としては、一回の照射時間が数十秒と短い時間ですむこと。痛みはまったくなく、ほんわかと温かい感じがします。
器械の照射面積が小さく全身に使う方には対応できませんが、多くの場合使うことができると考えています。

ただし、当日・翌日は、日焼けが強くなることがあるので、 強い日光に当たることは避けましょう。
またリスクになりやすい成分は、世界初のフィルター技術でカットしています。

具体的な治療方法としては、エキシマ光線を照射した後に保湿剤などの外用薬を塗布していただきます。
基本的には、週に1~2回程度の定期的な通院が望ましいです。なお、治療は保険適用で受けられます。
アトピー性皮膚炎はかゆみを繰り返す、つらい病気です。治療にお困りの方は、一度当院にご相談ください。

新型コロナ感染症対策〜安心して通院いただくために

当院では、新型コロナウイルス感染防止のため、以下の院内感染対策に取り組んでいます。 みなさまが安心して通院いただけるよう、医師・スタッフ一同努めてまいります。 ①予防接種について 事前予約制なので、待ち時間が少なく、他の患者様との積極が少ない状態にしています。 ②濃厚接触防止策 ガイドラインに則り、エプロン、マスク、ゴーグルを用意し、検査をさせていただいます。 医師の感染対策をしっかり行った上で検査を行うため濃厚接触にはなりませんのでご安心ください。 ③電話再診で定期薬を処方できます 厚生労働省の通知により、通院や受診による不特定多数の方との接触機会を減らし、感染防止と不安解 消を図る目的で慢性疾患の方・再診の方に限りますが、電話診療で定期薬の処方をお出しします。 ※お手元にお薬手帳をご用意ください。 ④使用器具の消毒と使い捨てエプロン等の使用 使用したゴーグルはアルコール消毒をし、エプロン、マスク、手袋は使い捨てディスポを使用しております。 残念ですが、n95が手に入らない状況ですので、吸入に関しては行っておりません。 ⑤空気感染の予防 空気清浄機や換気を行い、定期的に換気を行っております。 ⑥キッズコーナーの清掃・消毒 おもちゃは次亜塩素酸水で消毒しております。 ⑦定期消毒の徹底 入り口や、人が触れる箇所に関して定期的に消毒しております。 ⑧感染症の疑いのある方への対策 発熱などの感染の疑いのある方は、ご来院される前に、お電話でお問い合わせをお願いしております。 小さいお子さんや親御さん、一人ひとりのご協力が、ご自身やご家族様の感染の予防に繋がります。 ご理解とご協力のほど何卒宜しくお願いいたします。
Go Top