かゆみや炎症を抑える塗り薬であるステロイド外用薬や免疫抑制外用薬や皮膚の乾燥を防ぐための保湿剤を使う際に、 適切な塗り方を知らず、効果を減らしてしまっている場合があります。

注意が必要なのは、塗り方と量です。

<塗り方>

すりこむように塗っていたり、薄く塗っている場合患部に薬がつく部分とつかない部分がでてきてしまうので、塗る時は患部に乗せるように塗ると必要な部分に薬がつきます。

<量>

軟膏が硬い場合、手のひらで温めてから塗るようにしましょう。
チューブタイプの場合大人の人差し指の先端から1つ目の関節まで伸ばした量が、大人の手のひら約2枚分の面積に塗る量の目安だと思って下さい。
お薬によって塗る順番もあります。

効果を減らさないように、まずは正しいケア方法を知っておきましょう。