子どもの熱がなかなか下がらない、熱が引いても咳がずっと続いている。熱が上がったり下がったりする症状から「風邪が長引いているのでは?」と思われがちですが、実はマイコプラズマ肺炎かもしれません。マイコプラズマ肺炎はひどい咳がしつこく続くのが特徴です。
感染力が強く、発病前から発病後2 週間程度感染力があると言われます。感染経路は飛沫感染と接触感染です。

●子どもがかかりやすいの?
幼児や学童、若い成人を中心に流行します。5歳未満では不顕性感染といって感染したことが分からないまま治ったり、風邪程度の軽い症状で治ることも多いです。60歳以上の成人も感染例はありますが、全体としては若年者中心の感染症です。

●マイコプラズマ肺炎の症状
感染初期は、咳や鼻水、喉の痛み、発熱がみられます。
熱が出た数日後に、「こんこんこん」と痰の絡まない乾いた咳が出てきます。その後、痰が絡み始めます。ひどくなるとゼーゼーという息をする場合もあります。他にも、頭痛や筋肉痛、体がだるい症状なども現れます。

●治療
主にマクロライド系という種類の抗生物質を服用します。喘息発作の合併(ぜいぜいするなど)があれば気管支拡張薬などを使用します。
マイコプラズマ感染症は、自然に治癒することもあります。しかし、体力のない小さな子どもは、咳が続くと体力を奪われます。また、肺炎を発症する場合もあります。小さな子どもの場合、苦しそうな症状に気がついたら、早急に病院を受診しましょう。