小児期に早く手助けしてあげることで、肥満の進行を抑えることができます。
肥満の原因としては、食生活が関係しています。
昨今、生活習慣病の発症が低年齢化しています。小児期は発育し、身長が伸びていく時期です。
早い時期に適切に介入してあげることで、一生の問題となる肥満の進行を抑えることができます。
食生活だけが原因でない場合もありますので、お気軽にご相談ください。